男性芸能人

Matt(マット)桑田白人コンプレックス?なぜ白い?昔の写真も。

最近はインスタグラムの写真だけではなく、

テレビにも出演が増えてきている

Matt桑田さん。

その特徴的なメイクは肌色の白さ、

整形疑惑など

ネットではテレビに出演する度反響がありますね。

そんなMattさんについて調べてみました。

Mattの顔白すぎ!と話題に

日本人離れした見た目とその白さに驚きや

「怖すぎ」といった感想をもつ人もいるようですね。

Mattは白人コンプレックスではない

白人コンプレックスとは?

白人コンプレックス(はくじんコンプレックス)とは、
欧米白人の容姿やライフスタイル等に対する憧れと、自人種や自身の容姿に対する劣等感(コンプレックス)を指して呼ぶ言葉である。

第二次世界大戦後のメディア(雑誌、CMなど)で白人モデルが多用され、白人女性の特徴と美容業界で宣伝される白い肌、大きなはっきりした目、高い鼻、スタイルの良さなどが美人の条件という認識がより強まり、1970年代のアニメやマンガの美女キャラクターの描写においても、日本人の設定にもかかわらず金髪の巻き毛の登場人物が違和感なく取り込まれていた。

引用元:Wikipedia

日本では『外国人風メイク』が流行したり、

カラーコンタクトで目の色を変えたりと

白人=美

ということが昔よりも普通になってきている部分はあるのかもしれませんね。

Matt「白人になりたいとは思っていない」

Mattさんは2019年3月14日頃のインスタグラムストーリー機能で、

「僕は『白人になりたい』とは一切思っておりません」

と「美」について明かしています。

「確かに番組内で”外国人風”と表現したことはありますが、あくまで皆さんが分かりやすいように発言しただけです。」

と言い、続けて

アジア人の僕が思い描く『Matt』というイメージや、僕なりの美学をこの顔(パレット)に描いているだけです

と主張しています。

”人形みたいなメイク”は自身の理想を顔(パレット)に描いた結果であると言っています。

Mattさんの考えた”美”の結果なんですね。

スポンサードリンク

その白さはなぜ?

白人コンプレックスではなく、
自分なりの美学をこの顔(パレット)に描いているだけ。と言うMattさん。

ある番組内でMattさんはエステでLEDライトを浴びることや、
30分のお風呂と顔パック、90分かけてヘアメイクなど様々な美容法を紹介していました。

また2019年の3月13日には、
インスタグラムのストーリーで
「僕なりの美学をこの顔(パレット)に描いているだけです」

「僕は自分の顔を愛しています。知り尽くしているからこそ最大の可能性を発揮できます」

「メイクを通して皆さんに伝えたいことは『表現の自由がある』ということ」

と伝えています。

スポンサードリンク

Matt、昔の写真

「行列のできる法律相談所」に親子で初共演も果たして話題になりましたが、

Mattさんの実の父親は(写真左)元プロ野球選手桑田真澄さんです。

Mattさんは昔の写真はどのような姿なのでしょうか。

Mattさんは高校時代、吹奏楽部に入っていたそうです。

2年前(2017年)からも変化がありますね。

 

現在(2019年)


スポンサードリンク

Matt(マット)白人コンプレックス?昔の写真まとめ

Mattさんは『白人になりたい』とは一切思ってないと言っており、

このメイクは”理想を顔(パレット)に描いた結果”ということですね。

昔との変化もある、日々進化しているMattさんの活躍が楽しみです。

スポンサードリンク