女性芸能人

【動画】深田恭子の声がかれてろれつが回っていなかった!おかしい気付いていた人も多数

人気女優の深田恭子さん。

2020年春頃から体調不良に悩まされ2021年5月26日に適応障害で活動休止を発表しました。

深田恭子さんの異変は会見やインタビューなどでもわかるほどで

特に「声がかすれている」「声がでておらず絞りだしている」や

「ろれつがまわっていない」など明らかな変化があったようです。

動画と合わせてその変化をみていきます。

適応障害で活動休止、激ヤセしていた

2021年5月26日に深田恭子さんが適応障害で活動休止が発表されました。

適応障害とは、環境の変化にうまく適応できないことがストレスになり、心身に症状が表れることです。

深田恭子さんは2020年春ころから体調不良を感じ、2021年に入ってから「適応障害」と診断されたそうです。

2021年に会見やPRなどでテレビに出る際に

「痩せた」や「やつれた」「がりがり」などと心配する声がかなりあがっていましたが、

そういうことだったんですね。


スポンサードリンク

【動画】声がかすれてろれつが回っていなかった!

そんな深田恭子さんですが

2021年5月24日に午後ティー復興応援型商品発表の場での様子は今までと

明らかに違った声の低さやかすれぐあいがわかります。

いつもとは明らかに違いますね。

  • 声の低さ
  • しゃがれ・かすれた声
  • ろれつが回っていない

などの話し方にその”異変”感じます。

声に生気がないような気もしますね。

スポンサードリンク

見た目もガリガリでやつれている

ムッチリボディの代表ともいえる深田恭子さんですが、

見た目にもその”異変”が明らかです。

顔は顎のラインがわかるほどに細くなっており

少し病的な痩せ方にも感じるくらいです。

腕のかなり細く、ハリがないようにも思えます。

表情からもどこか元気のない様子が伺えるようです。

スポンサードリンク

声のおかしさに気づいていた人の声

その声のおかしさに気づいていた人が多くいたようです。

ゆっくり休んでほしいですね。

スポンサードリンク