女性芸能人

【比較画像】小池栄子が全然老けてない!若い頃より綺麗になったと話題!

2020年4月現在39歳の女優小池栄子さん。

現在はドラマや舞台でも活躍しているが、

「小池栄子若い頃より綺麗になった!」や「小池栄子老けない!」などの声が

ネットではあがる。

比較画像とともに検証します。

小池栄子プロフィール

名前 小池 栄子(坂田栄子)
生年月日 1980年11月20日
出身地 東京都世田谷
身長 167cm
血液型 AB型
活動期間 1998年~
配偶者 坂田亘 (2007年~)

小池栄子さんは以前所属していた芸能事務所『イエローキャブ』の社長にスカウトされ、

芸能界デビュー。

元々は女優志望だった小池さんは1998年に待望のドラマデビュー、

翌99年には映画初出演を果たす。

その後はグラビアの仕事をしながらバラエティに出演が増え、

2003年頃には映画『恋愛寫眞』をきっかけに演技力が評価され、

女優としても注目される。

2008年に映画『接吻』で主演女優賞を受賞。

ドラマや映画でも高い評価を得て、

グラビアよりも女優としてもイメージを高めていくようになる。

スポンサードリンク

ネットでは「老けない」

2020年4月で39歳とデビューして約20年以上になる小池栄子さん。

そんな小池さんをドラマや映画で見た視聴者で多い声が「老けない」という声です。

実際の声をみていきましょう。


スポンサードリンク

デビュー当時と比べて”老けない”と感じる方が多いことがわかります。

実際に比較画像をみていきましょう。

スポンサードリンク

【比較画像】若い頃よりも綺麗になった!

1998年で女優デビューを果たしてから約20年。

20代前半の小池栄子さんから現在を比べてみると”老けない”のもですが

”若いころより綺麗になった”との声が多くあります。

では時系列でみていきます。

2003年(21歳~23歳頃)こころ出演時

NHKの連続テレビ小説「こころ」に出演した2003年

小池栄子さんは21歳~23歳

20代前半の頃ですが、落ち着いてみえますね。

スポンサードリンク

2008年~(20代後半)接吻、パーマネント野ばら出演時

2008年、小池栄子さん20代後半に入ったころの映画「接吻」出演時。

映画「接吻」では第30回ヨコハマ映画祭 主演女優賞を受賞し、

20代後半から女優としても評価が高まってきた時です。

 

2010年こちらも20代後半で出演した「パーマネント野ばら」インタビュー時。

2020年より約10年前ではありますが、

今現在の39歳と比べても変わらない様子がみてとれます。

スポンサードリンク

2012年~2015年(30代前半)

2013年~2015年には捜査指揮官 水城さやシリーズで主演をつとめました。

この時は30代前半の小池栄子さん

2015年には「エイプリルフールズ」出演

この頃になるとドラマでは引っ張りだこな小池栄子さん。

2016年~(30代後半~現在)

2017年にはドラマ「母になる」で

第93回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞と

第8回コンフィデンスアワード・ドラマ賞 助演女優賞を受賞するなど

女優としての活躍が輝いていた。

2019年には映画「グッドバイ」出演。

演技に磨きがかかったのもですが、

20代前半に比べて老いを感じさせず、さらに綺麗になっているようですね。

まとめ

実際に比べてみると本当に老けておらず、

更に綺麗になっているように思います。

40歳になっても演技や美しさに磨きが増していきそうですね。

小池栄子,嵐と共演歴は?大野智・相葉雅紀共演時と仲良しエピソードもバラエティやドラマにも多く出演し、高い評価を得ている小池栄子さん。 今までに嵐のメンバーとの共演はどのようなものがあったのでしょう...
スポンサードリンク