女性芸能人

黒木華が「なんか苦手」と言われる理由を検証!顔や幸薄い感!

女優として映画やドラマに活躍している黒木華さん。

和の顔だちが特徴的な黒木華さんですが、

「なんか苦手」などの声がネットでみられます。

なんか苦手といわれる理由についてみていきます。

黒木華さんプロフィール

名前 黒木華(くろき はる)
生年月日 1990年3月14日(2020年7月現在30歳)
出身 大阪府高槻市
身長 164 cm
血液型 B型

幼い頃から映画や芝居に触れ、高校では演劇の名門追手門学院高等学校に進学。

演劇部に所属し「演劇部のエース」として1年時から3年間主役を務める。

大学も演劇を学べる大学に進学。

2011年には映画に初出演。

2012年テレビドラマ初出演を果たし知名度を高める。

2013年にはテレビドラマでレギュラー出演し、映画でも初主演を果たす。

映画『シャニダールの花』や『舟を編む』での演技が評価され、

キネマ旬報ベストテンや日本アカデミー賞、

ブルーリボン賞など日本の主要映画賞で計7つの新人賞を受賞し

女優として注目されている。

スポンサードリンク

「なんか苦手」の声

「なんか」「どうも苦手」という声があるようです。

スポンサードリンク

”どうも苦手”と言われる理由

理由①顔立ち、口元

黒木華さんといえば、純和風の顔つきが昭和顔、平安顔とも

いわれています。

お化粧もナチュラルで自然体な雰囲気を感じますね。

なかにはその顔立ちや口元が苦手という声もありました。

様々な声がありますね。

スポンサードリンク

理由②幸薄い感

黒木華さんはどちらかというと、

顔パーツも薄い系の女優さんのひとりであります。

黒木華さんに似ている女優さんのひとりに

蒼井優さんがあげられます。

似ていると言われている蒼井優さんと比べても

黒木華さんは”幸薄い感”があるとの声があります。

その”幸薄い感”が苦手と感じる人もいるようです。

スポンサードリンク

まとめ

黒木華さんはドラマや映画に大活躍の女優さんですが

「なんか苦手」や「どうも苦手」というような声がありました。

その理由として

  • 顔立ち、口元
  • 幸薄い感

があることがわかりました。

演技力には定評のある女優さんですので、さらなる活躍が楽しみですね。

スポンサードリンク