男性芸能人

田村正和、声が出ない・かすれていたのは老化が原因だった?2010年頃から変化が

昭和から活躍の俳優・田村正和さん。

大人気シリーズ「古畑任三郎」から25年以上たち

田村正和さんに声がでてない・しゃがれ声・声が小さいなどの変化が

みられています。

声が出ない理由は老化だったのでしょうか?

時期など検証していきます。

田村正和プロフィール

名前 田村正和
生年月日 1943年8月1日
身長 172cm
活動期間 1961年 – 2021年4月3日

高校在学中に映画『永遠の人』で俳優デビューを果たす。

大学卒業後は脇役ばかりつづくが1970年に出演した

テレビドラマ『冬の旅』で改めて存在を認識され人気に火がつく。

1994年から放送の刑事ドラマ『古畑任三郎』では10年以上にわたる

当たり役となり両若男女から支持が多い俳優である。

2021年4月3日、77歳の若さでこの世を去り衝撃をあつめている。

スポンサーリンク

【動画】田村正和の声がかすれて小さい!

1994年に人気を博した「古畑任三郎」からも

独特なしゃべり方なのは多くの人が知っているかもしれませんが

晩年、田村正和さんの声がちいさく・声がでていないという

反応があがっていました。

実際の話している姿をみてみましょう。

2015年2月5日放送のグットモーニングで

女優竹内結子さんと対談をしている様子です。

対談なのであまり長く話をすることはないですが

声が小さく聞こえずらい様子が伺えます。

竹内結子さんと共演したドラマをみた視聴者からは

田村正和さんの声が小さくてテレビの音量をあげると竹内結子さんの声が大きすぎる

など普通の人との声量に違いがあったことがわかります。

2015年というと田村正和さんは71歳くらいのお年ですが

この頃には既に声が出ていなかったと推測できます。

スポンサーリンク

声が出ない理由は老化から?

声が出ない理由は、70歳を超えていたということもあり

老いであることが考えられます。

2021年4月3日に亡くなった田村正和さんですが

2012年には横浜に自身のお墓を建てていたことが明らかになっています。

そして近年は体力の衰えを気にして俳優業をセーブしていたといわれています。

自身も”老い”を認識していたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

声が出ないのは2010年頃から

田村正和さんの声の出に変化があったのはいつからでしょうか。

調べてみると

2010年12月25日放送のドラマ 忠臣蔵〜その男、大石内蔵助~くらいから

だということがわかりました。

この時の視聴者の反応は

  • 声が細い
  • しゃがれてるかすれてる
  • 聞き取りづらい

などもあり、

”いつも”の田村正和さんを知っているファンからしたら

異変に気付くくらいだったようですね。

スポンサーリンク

2010年当時、田村正和さんは66歳くらいです。

この頃から引退する2018年くらいまで

自身も声について思うことはあったと想像できますね。

声帯の老化は筋肉の衰えとも言われていますので

全身の老化が進んでいる中で、

最後まで俳優として演技をしていたと考えられます。

【変化画像】晩年の田村正和は老けていて別人だった!おじいちゃんのような姿も2021年4月に亡くなっていたと報道があった俳優の田村正和さん。 晩年はドラマの出演も減り、テレビにでることは少なくなっていました...