女性芸能人

木南晴夏の目つきが怖い!黒目の大きさや一重っぽいまぶたが原因?

女優として活躍し、パン好きとも知られている木南晴夏さん。

そんな木南晴夏さんの「目つきが怖い」や「目つきが悪い」などの声が

ネットではあがっています。

助演女優賞などを過去に受賞したりと演技力には高評価のある木南さん、

目つきについてみていきましょう。

木南晴夏プロフィール

名前 木南 晴夏(きなみ はるか)
生年月日 1985年8月9日(34歳)
出身地 大阪府豊中市
血液型 A型
事務所 ホリプロ

2001年の高校在学中に「夏の高校野球PR女子高生」に選ばる。

同年には『第1回ホリプロNEW STAR AUDITION』でグランプリを獲得し芸能活動開始。

2002年~2003年にかけて、酒井彩名・あびる優とアイドルユニット『Licca』として活動。

2004年には『桜咲くまで』で女優デビューを果たす。

その後、数多くのドラマや映画に出演し、顔が知られるようになる。

2016年ドラマ『せいせいするほど、愛してる』で

第5回コンフィデンスアワード・ドラマ賞助演女優賞を受賞。

2018年6月26日俳優の玉木宏と入籍。

その後もドラマや映画で活躍し、自身の”パン好き”でバラエティにも多数出演する。

スポンサードリンク

木南 晴夏の目つきが怖い

そんな木南さんですが

ネットでは「目つき」について声があがっています。

ネットの声

少し怖い目つきも可愛いと思う声もありますが、

目つきや目力が印象的な木南さんですね。

スポンサードリンク

「目つきの怖さ」理由は

木南さんの目つきの怖さの理由はなんなのでしょうか。

黒目の大きさが小さい(三白眼)

目つきと関係している大きな理由のひとつに

「黒目の小ささ」があげられます。

この目全体の面積でみて黒目の部分が白目の部分より小さいことを

三白眼(さんぱくがん)というそうですが、

木南さんはこの三白眼ではないかと言われています。

三白眼(さんぱくがん)とは、人間の目について、虹彩(黒目)の部分がやや小さく、白目の部分の面積が多いことを指していう。

上方寄りの黒目に対して、左右および下方の三方が白目であるという状況からこう呼ばれる。目が大きいこと、または黒目が小さいことやその両方からこの現象は起きる。

引用元:wikipedia

実際に写真で目の部分をみていきます。

確かに黒目の小ささがあるかもしれません。

実の姉である木南清香さんと並んだ写真でも比べると

黒目が少し小さいことがわかります。

通常、黒目が大きいと”かわいらしい”や”優しそう”と見えることも多い為

黒目が小さく、白目の面積が広いと

「きつめ」や「怖い」印象に見えてしまうことも理由として考えられます。

スポンサードリンク

一重っぽいまぶた

またもうひとつ考えられる理由に

”一重っぽいまぶた”があがります。

実際はどうでしょうか。

よくみてみるとくっきり二重ではないですが、

明らかに一重でもなさそうです。

奥二重に見えますね。

奥二重のまぶたと、

目じりの位置も少し上がっているつり目のようですね。

こちらも「怖い」や「クール」に見える目の特徴としてあげられます。

スポンサードリンク

そして役柄も

そして木南さん演じる役も

「目つきが怖い」の印象を強めている役柄がいくつかありました。

2016年に「助演女優賞」を受賞した『せいせいするほど、愛してる』では

主人公の武井咲と不倫の恋に落ちる滝沢秀明の妻で、

夫を愛するがゆえに豹変する痛々しくも哀しい女性を演じました。

演技力も高く評価されていますが、役柄もあっていたのかもしれませんね。

スポンサードリンク

まとめ

木南晴夏さんの「目つきが怖い」や「目つきが悪い」のは

木南さんの黒目の大きさや奥二重のまぶたも関係しているようでした。

ただ、目つきが怖くても印象が悪いようには見えないのが木南さんですね。

今後の活躍が楽しみです。

 

 

スポンサードリンク