女性芸能人

上白石萌音”育ちがいい”と感じさせる3つの理由!両親は優秀な教師だった!

2020年放送のドラマ「恋はつづくよ どこまでも」で話題となり

演技において評価も高い女優の上白石萌音さん。

バラエティや歌番組などに出演する際も視聴者の中では

「育ちがいい」や「品がある」などの声もあるようです。

上白石萌音さんの「育ちが良い」と感じさせる3つの理由についてみていきます。

上白石萌音プロフィール

本名 上白石 萌音(かみしらいし もね)
生年月日 1998年1月27日(2020年8月現在22歳)
身長 152 cm
活動期間 2011年~

子供の頃から歌ったり、踊ったりするのが好きで

中学1年の時に、

2011年の第7回東宝「シンデレラ」オーディションで審査員特別賞を受賞。

グランプリを受賞した2歳下の妹・上白石萌歌とともに東宝芸能へ所属する。

女優、歌手としても活躍している。

スポンサードリンク

上白石萌音「育ちがいい」の声

ドラマ以外にもバラエティ番組や歌番組にも出演が多い上白石萌音さん。

ゲストとして出演が多いようですが、

その際に「育ちがいい」「品がある」などの声があがっています。


スポンサードリンク

”育ちが良い”と感じさせ3つの理由

育ちが良いと視聴者に感じさせる理由はなんでしょうか。

特に声が上がっている3つの理由についてみていきます。

理由①字の綺麗さ(達筆)

2020年6月1日にSNSで上白石萌音さんが出演する予定だった

ミュージカル『リトル・ゾンビガール』がコロナウィルスの影響で

中止となったことを受けて、直筆のメッセージを投稿しました。

なかなか女優さんの直筆メッセージを見ることも少ないですが

初めてみた方も上白石萌音さんの字の綺麗さに驚いた方もいるようです。

上白石萌音さんはそれ以前にも

自筆メッセージをSNSにあげていることもあり

ファンの間では「字が綺麗」で知られています。

上白石萌音さんは2017年7月15日のラジオ番組で

字が綺麗な事をナビゲーターに聞かれた際、

字の書き方を習っていたというわけではないと伝えていました。

また、自筆メッセージについて

手書きならではの温かさもあり、本当に伝えたいときはなるべくお手紙を書いている

と発言していました。

字が綺麗であることは、おっとりしていて気持ちに余裕があるという性格や

素直な性格が表れているとも言われています。

外見だけでなくそういった内面的なものを感じさせることが

上白石萌音さんの育ちの良さを感じさる理由の一つであるかもしれませんね。

スポンサードリンク

理由②語学力・歌・ピアノ

上白石萌音さんは演技以外にも3か国語が話せる語学力の高さ、

歌唱力やピアノなど多才すぎる女優さんです。

8歳でスペイン語と英語を習得し、

母親が音楽の先生でもあったことから小さい頃からピアノを習っていたそうです。

その多才さが育ちのよさを感じる人もいるようですね。

実際に英語を話している様子をみてみます。

流暢な英語で語彙力の高さが伺えます。

また女優でもありながら歌の分野でも活躍している上白石萌音さん。

語学力や歌、ピアノなど育った環境が関係してくる部分でもありますね。

幼いころの環境からも育ちの良さが垣間見れます。

スポンサードリンク

理由③所作

理由の3つ目にあげられるのが言葉使いや動作などです。

実際の声として

バラエティ番組で見せる言葉遣いや所作が綺麗な印象がありますね。

実際の様子をみてみます。

確かに話している姿も上品さ、品の良さを感じられるかもしれませんね。

上白石萌音、両親の職業は教師

上白石萌音さんは両親と妹の4人家族で、妹は女優の上白石萌歌さんです。

上白石萌音さんの「育ちがいい」と感じられる理由に

育てられた家族も関係していそうですね。

上白石萌音さんのご両親の職業は教師だと言われています。

父親が社会科教師で母親が元音楽教師、現在はピアノの先生をやられているようです。

【画像】上白石萌歌がほっぺたムチムチなのは太っているから?子供の頃と比較してみた!女優としても歌手としても活躍している上白石萌歌さん。 ほっぺたが印象的なイメージがありますが、 子供の頃からほっぺたはムチム...

家族でメキシコに住んでいた過去

上白石萌音さんは2006年~2008年頃に

父親の仕事の関係で家族全員でメキシコで暮らしていました。

社会科の教師である父親が文部科学省からの派遣で

メキシコにある日本人学校で日本語を教えていました。

海外の日本人学校へ派遣されるのはレベルの高い教師だと言われているので

上白石萌音さんの父親が優秀であったことがわかります。

さらに上白石萌音さんと妹の萌歌さんは

メキシコの公用語であるスペイン語をマスターしたと言われています。

両親が教師であり、仕事も優秀な父親に育てられた上白石萌音さん。

「育ちがいい」のは納得かもしれませんね。

スポンサードリンク

まとめ

演技だけにとどまらず語学や歌など多才な一面をもつ上白石萌音さん。

言葉使いや字の綺麗さも育ちの良さを感じさせるようですね。

今後の活躍も楽しみです。

上白石萌音可愛いけど「なんか苦手」の声が多いのはなぜ?顔や役柄?2020年1月14日から始まったドラマ「恋はつづくよどこまでも」で 主役を演じている上白石萌音さん。 近年はテレビ出演も増え...
上白石萌音の顔が変わった?可愛くなった!以前は田舎くさい感じも。2019年からドラマや映画、声優としても大活躍の上白石姉妹の姉、上白石萌音さん。 以前は”田舎くさい”や”かわいくない”等の声も見...
スポンサードリンク